妊娠中は口内環境に注意!妊婦さんの口腔ケア

>

自宅でできるオーラルケア

吐き気を誘発しづらい磨き方

こまめにしっかりと歯磨きができるに越したことはないのですが、つわりがある妊婦さんにはどうしても難しいことがあります。
つわりが激しいときに無理をすると、かえって体調を崩してしまうことになりかねません。
具合が悪いときには無理をせず、調子が良いときや戻しにくい時間帯を見つけて歯を磨くようにしましょう。

吐き気は、喉の奥が刺激されることで強くなります。
喉の奥に唾液や歯磨き粉が溜まることを避けるために、下を向いて歯を磨くといいようです。
歯磨き粉について、味や匂いが強くないものを選ぶことで吐き気が緩和されることもあります。
また、手前から奥に歯ブラシを入れると、予想より奥まで歯ブラシが入ってしまうことがあります。
歯を磨くときは舌を避けて奥歯の方から歯ブラシを当て、手前に擦って磨くようにしてみましょう。

磨き残しや歯周病を防ぐ方法

歯ブラシでのオーラルケアが苦痛な妊婦さんは、どうしても長時間歯を磨くことができず、磨き残しが増えてしまう傾向にあります。
このような場合は、デンタルフロスを試してみることをおすすめします。
デンタルフロスは歯と歯の間の汚れを糸によって落とす仕組みで、歯ブラシでは届きにくい部分にも届くため虫歯を防ぐことができます。
虫歯菌に弱く、ブラッシングの時間が短くなりやすい妊婦さんにおすすめのケア用品です。

また、妊婦さんは虫歯だけでなく、歯周病のケアも行うことが大切です。
歯周病を防ぐには歯茎のマッサージが有効です。
歯を磨くついでに歯ブラシを歯茎に優しく当てたり、綺麗に洗った指で歯茎を刺激してあげましょう。
このとき、腫れや出血があれば歯医者さんに相談してください。


この記事をシェアする