妊娠中は口内環境に注意!妊婦さんの口腔ケア

>

妊婦さんは歯医者さんに行って治療できるの?

安定期に入ったら治療ができることも

妊娠初期は切迫流産が起こりやすい時期ですので、歯の治療は安定期に入る妊娠5か月くらいを待った方がいいといわれています。
逆に、出産の可能性がある妊娠後期も避けた方がいいでしょう。
安定期に治療を行なう場合でも、歯医者さんには妊娠中であることをきちんと告げましょう。

安定期であれば、虫歯を削って詰め物をしたり、神経を抜いたり、歯周病の治療をしたりできることもあります。
ただし、妊婦さんの体調がよくなかったり、外科的処置をすることで長期間痛みや腫れが出てくる場合などは、応急処置に留めるケースもあります。
特に、抜歯を伴う治療は処置時間も長く、抜歯後は抗生物質や痛み止めを服用しなければならないことがありますので、出産後に行うのが普通です。

レントゲンや麻酔、薬はダメ?

歯医者さんでの治療は、レントゲンや麻酔、抗生物質などを使わなければならないこともあります。
どれも妊娠中には気を付けるべき医療行為ですので、治療に必要な場合は心配ですよね。

歯医者さんでこれらの処置を受ける場合ですが、妊娠中であることを伝えて処置をしてもらえれば、意外にも身体に影響は少ないと言われています。

まずレントゲンですが、歯医者さんで使うレントゲンの放射線量は元々微量で、母体にも、歯から遠いお腹の赤ちゃんにも影響は少ないと言われています。
加えて、妊娠中にレントゲンを撮る場合は防護エプロンをすることで被爆を防止できるようです。

麻酔についても、少量であれば妊婦さんに影響はないとされています。

飲み薬は、妊娠中でも飲める種類の物を選んで処方されるようです。
だたし、体質によってトラブルが起きることもありますので、医師や薬剤師と十分に相談しましょう。


この記事をシェアする