妊娠中は口内環境に注意!妊婦さんの口腔ケア

>

妊娠すると口内環境が乱れやすい

妊娠性歯肉炎

妊娠中は唾液の分泌が減って抵抗力が落ちる上、つわりや食事回数の変化によって口内環境が悪くなってしまいがちです。
このような状態が続くと、当然妊娠前よりも虫歯や歯周病になりやすくなってしまいます。

それをよく表しているのが「妊娠性歯周病」という言葉です。
妊娠歯周病は、歯垢や細菌が妊婦さんの歯茎に炎症を起こした状態のことです。
女性ホルモンである「エストロゲン」や「プロゲステロン」の増加に伴い、「プレボテーラ・インターメディア」という細菌が増殖することで起こります。

症状は歯茎の腫れや出血などで、これは普通の歯周病と同じなのですが、妊婦さんが歯周病を起こすと「妊娠歯周病」と呼ばれるようになります。
つまり、一般の歯周病とは別に「妊娠歯周病」と名がつくほど妊婦さんがなりやすい病気なのです

赤ちゃんにも影響があることも

妊婦さんが歯周病になることによって、お腹の中の赤ちゃんにも影響が及ぶことがあります。

妊婦さんと赤ちゃんは胎盤で繋がっており、妊婦さんが歯周病にかかると、口内の毒素・炎症物質が血液を介して胎盤を刺激してしまうことがあります。
胎盤が刺激されてしまうと、子宮が収縮したり、赤ちゃんの成長が阻害されてしまうのです。
これによって、2500グラム未満で産まれてしまう「低体重児出産」や、37週未満で出産する「早産」になりやすくなるといわれています。
一説によると、妊婦さんが重度の歯周病になると低体重児出産のリスクが通常の7倍以上になるといわれており、飲酒や喫煙よりもリスクが高いという研究もあります。

このようなリスクを防ぐためにも、口腔ケアをしっかりとし、歯医者さんで検診を受けることが大切です。


この記事をシェアする