妊婦さんの口腔ケア

妊娠中は口内環境に注意!妊婦さんの口腔ケア

妊娠すると口内環境が乱れやすい

妊婦さんの口内環境はつわりや抵抗力の低下などによって乱れやすいといわれています。 オーラルケアが上手くできていないと虫歯や歯周病のみならず、ときには胎児に影響が及ぶこともあるのです。 口内環境の悪化がもたらす妊婦さんの身体的リスクについてご説明します。

自宅でできるオーラルケア

妊婦さんは妊娠前以上にオーラルケアに気を遣う必要がありますが、つわりがあるとなかなか難しいこともあると思います。 ここでは、つわりがあるときでも吐き気を誘発しづらい歯の磨き方と、虫歯や歯周病を防ぐための方法をご紹介します。 毎日のオーラルケアに取り入れてみましょう。

妊婦さんは歯医者さんに行って治療できるの?

妊婦さんは薬やレントゲンなど、何かと医療行為を制限されてしまうことが多いと思います。 では、妊娠中に虫歯ができてしまったり、歯茎が腫れているのに気が付いた場合は治療できないのでしょうか? 実は、全くできないというわけではありません。 妊婦さんがどこまで歯科治療できるのかについてまとめました。

口内環境の乱れから妊婦さんに起こること

赤ちゃんを妊娠すると、妊婦さんの身体にはさまざまな変化が起こります。

体型が変わるのはもちろん、ホルモンバランスの変化によって髪質や肌質が変わったり、睡眠の質や情緒にも影響がでてきます。
特に、つわりや抵抗力の低下による体調不良に悩まされる妊婦さんも多いと思います。

身体も環境も変化する中で、お口のケアにまで手が回らない妊婦さんも多いのではないでしょうか。
妊娠中は体調によって食べられるものが制限されたり、一度にたくさん食べられなくなったりして、食生活が変化するものです。
また、つわりがある方は、口内に歯ブラシを入れる行為自体が吐き気を誘発するため、なかなか歯磨きができない、ということもあるようです。

さらに、妊婦さんはホルモンバランスの変化によって抵抗力が落ちており、口も乾きやすくなっています。
ただでさえ細菌に弱くなっている上、食事の回数が増えているのにあまり歯を磨けなかったり、つわりで吐いてしまって胃酸の影響を受けたりすると、どうしても虫歯や歯周病になりやすくなってしまいます。

妊婦さんは妊娠前よりも口腔ケアに気を付けなければならないのに、妊娠によってその口腔ケアが苦痛になっているのですから大変ですよね。
妊婦さんの口腔ケアには、妊娠前にはなかったいくつかのコツが必要になってきます。

このサイトでは、妊婦さんの口腔ケアのポイントについてお話しします。
妊娠中・出産後も健康な歯を保ち続けるために、ご参考にしていただけたら幸いです。